グルコサミン大辞典

グルコサミンについて徹底解説

両方とも食品に含まれる栄養素ですが、量が少ないため原則的にはサプリメントがお勧めです。

関節サプリとしての代表ですから多くの商品が出回っています。そこで評判などを調べてみました。

また配合割合がグルコサミン5:コンドロイチン4というサプリメントが理想的という事です。しかしなかなかこの条件を満たしている商品は少ないようです。

しかしどんな目的で購入するかによっては、これにこだわらずグルコサミンコンドロイチン以外にコラーゲンやヒアルロン酸が配合されているものでも満足できるもサプリメントも多いです。

自分の身体の状態やどんな目的かを明確にし、効果の期待できるものを選んでいただきたいですね。

グルコサミンが美肌の素

グルコサミンと言えば、膝や肩、腰などの関節に存在して働いていると感じている人も多いと思いますが、実は皮膚にも多く存在しています。

きれいな肌をいつまでも保つために、私たち女性はスキンケアをし、お肌の手入れを行いますよね。そのスキンケアを効果的に行う為に、グルコサミンは欠かせない成分なのです。

というのも、グルコサミンには優れた保湿力があるため、グルコサミンが不足すると肌の保水力は失われていきます。美肌のスキンケアの基本は保湿です。

つまり保水力は極めて大切な要素なのです。保水力というとヒアルロン酸が浮かびますが、実はグルコサミンはそのヒアルロン酸の原料になる成分なんです。これで納得できますよね。

保水力が弱まり、肌が乾燥するとシミ、しわの原因や毛穴のトラブルにま発展することがあります。残念ながらグルコサミンは、年齢とともに減少していきます。

グルコサミンの減少が要因で、若い人の肌はみずみずしくハリがあるけど、高齢の人の肌にしわが深くたくさん刻まれているということなのです。

ヒアルロン酸やコラーゲンのもとになるのがこのグルコサミンということですから、美肌やアンチエイジングの為にも積極的に摂取したいですね。

グルコサミンの相互作用

グルコサミンは安全性の高い関節トラブルを改善する成分として、食品添加物や化粧品などでも利用されています。

しかしそうはいっても、やはり相互作用や副作用というものがあります。深刻な副作用の報告はありませんが、グルコサミンの副作用は胃もたれなどがいわれており、カニ・エビが原料であることからアレルギーも注意を呼び掛けています。

また相互作用に関しても日々研究がすすめられてます。相互作用とはいわゆる薬の飲み合わせのことであり、つまりグルコサミンサプリメントを服用することで他の薬の効果に影響を与えてしまうということです。

そこだけはご注意を。

direct | 20160409born@excite.co.jp

Related Posts

グルコサミンはサプリなどの栄養補助食品と共に、飲料としても多く紹介され販売されています。 発売元はサプリメントが製薬会社、ビール会社、化粧品会社が多いのに比べ、グルコサミン飲料は大手乳製品会社が目立ちました。ドリンク、顆 […]

「そっか!じゃぁ一度サプリでお試しセットでも使ってみるか?」と思いますよね。しかしちょっとまってくださいね。 これはあくまで も医療においてのグルコサミンは医薬品として使われているものです。 サプリメントとして使う場合は […]

グルコサミンの副作用に関してですが、そんなに大きな副作用はないと言われています。 というのも元々グルコサミンは私たちの体内にある成分なので副作用がでることはないということでしょうね。 さらに、妊娠中・授乳中の女性や手術後 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です