グルコサミン大辞典

グルコサミンについて徹底解説

グルコサミンは単独ではなく、同時に摂取することでその効果をアップさせる成分があります。

そしてコンドロイチンはムコ多糖類で、関節軟骨に栄養素と水分を運びそれを貯えます。グルコサミン、msm、コンドロイチンは特に米国においては高齢者、アスリートをターゲットにした関節炎対応の定番素材となっています。

それぞれに働きは違うのですが、関節内でのそのダブりのない役目により大変効率的な組み合わせとして、同時摂取がお勧めというわけなんです。

それぞれに効果が期待できる一日に摂取量の目安がありますから、成分配合量などをよく見て選びたいですね。

グルコサミンとヒアルロン酸はアンチエイジングの武器

グルコサミンとヒアルロン酸は、アンチエイジングの武器として欠かせない成分です。人は誰でも年をとっていきます。

そして年齢を重ねるとともに、例えばお肌のハリやそして関節の痛みなど、つまり老化による障害がでてきますね。

これらは両方とも関節内に元々ある成分で、軟骨を生成し保護するという老化防止の大切な役割をはたしています。

しかしそんなグルコサミンとヒアルロン酸はある年齢になるといきなり減少するという特徴があります。もうこれってゾッとしますね。

とはいえ減少するのは仕方ないので、ならば頑張って補充すればいいわけです。ただグルコサミンもヒアルロン酸も食品からの摂取は難しいのでサプリメントでの摂取がお勧めです。

グルコサミンとコンドロイチンの副作用

両方とも体内にある生体の構成成分なので有害ではないとされています。

コンドロイチンも短期的な副作用の心配はないようです。

ただ、下痢や便秘、、ガスなどの消化器系に副作用がでる事はあるようです。

これはグルコサミンでも同様だそうですね。

あと、グルコサミンは原料がカニやエビ  なので、甲殻類アレルギーのある人は、最初は少量から使うようにしたほうがよさそうです。

また、サプリメントとして摂取する場合は、妊娠中・授乳中の女性や手術後の方、小児は使用しない方がいいと思います。そして疾病のある方や治療を受けている方はお医者様に相談したほうがよいでしょう。

direct | 20160409born@excite.co.jp

Related Posts

グルコサミンはサプリなどの栄養補助食品と共に、飲料としても多く紹介され販売されています。 発売元はサプリメントが製薬会社、ビール会社、化粧品会社が多いのに比べ、グルコサミン飲料は大手乳製品会社が目立ちました。ドリンク、顆 […]

「そっか!じゃぁ一度サプリでお試しセットでも使ってみるか?」と思いますよね。しかしちょっとまってくださいね。 これはあくまで も医療においてのグルコサミンは医薬品として使われているものです。 サプリメントとして使う場合は […]

グルコサミンの副作用に関してですが、そんなに大きな副作用はないと言われています。 というのも元々グルコサミンは私たちの体内にある成分なので副作用がでることはないということでしょうね。 さらに、妊娠中・授乳中の女性や手術後 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です