グルコサミン大辞典

グルコサミンについて徹底解説

安全性の高い関節トラブルを改善する成分として、グルコサミンは食品添加物や化粧品などでも利用されています。

しかしそうはいっても、やはり相互作用や副作用というものがあります。深刻な副作用の報告はありませんが、グルコサミンの副作用は胃もたれなどがいわれており、カニ・エビが原料であることからアレルギーも注意を呼び掛けています。

また相互作用に関しても日々研究がすすめられてます。相互作用とはいわゆる薬の飲み合わせのことであり、つまりグルコサミンサプリメントを服用することで他の薬の効果に影響を与えてしまうということです。

ですから他の薬を常用・内服している方はグルコサミンの服用は慎重にして、必ずお医者様に相談することをお勧めします。

グルコサミンの副作用について

グルコサミンの副作用に関してですが、そんなに大きな副作用はないと言われています。

というのも元々グルコサミンは私たちの体内にある成分なので副作用がでることはないということでしょうね。

さらに、妊娠中・授乳  中の女性や手術後の方、小児は使用しない方がいいと思いますし、使用するなら必ずお医者様の指示を仰いでください。

またグルコサミンを関節痛などの痛み止めとして注射を打っても一時的に痛みを止めるだけで、長期使用すると副作用の影響がでてくる心配もあります。

グルコサミンをサプリメントで摂取して少しづつ、でも確実に体内に増やしていく方が体の負担にならず安全かもしれませんね。

とはいえ、基本的に摂取量の目安を守り、普通に摂取している分にはグルコサミンの副作用は心配する事はないでしょう。

グルコサミンは血糖値を上昇させる?

グルコサミンは、体内の血糖値を上昇させるとされます。

そうなる理由はグルコサミン自体が糖になって体内に入り込む事や、血糖値のコントロールをするインスリンの働きを悪くすることが背景にあるからです。

しかし通常の食品から摂取する程度の量であれば、問題がないと言われています。

グルコサミンをサプリメントから摂取する場合も、1日の摂取目安量を守っての服用であれば、血糖値の上昇の心配はないそうです。

実際に数年に及ぶ継続摂取の例もありますが、特に問題はなかったとされます。

しかし、グルコサミンは、他の健康成分と比較して、詳細なデータや働きがまだ完全解明されていない成分だと言われているので、もともと糖尿病体質を持っている人は、避けたほうが安全であるという説もあります。

グルコサミンの摂取量が血糖値に及ぼす影響は、過剰摂取時に表れるとされています。

グルコサミンの効果的な摂取量の目安が一日1500ミリグラムといわれているので、この量までならば血糖値への問題はないそうです。

尚、血糖値以外の健康面に関しても、その目安量が妥当であり、過剰摂取は胃部不快感などの副作用が表れやすくなるそうです、ご注意を!

タグ:

direct | 20160409born@excite.co.jp

Related Posts

グルコサミンはサプリなどの栄養補助食品と共に、飲料としても多く紹介され販売されています。 発売元はサプリメントが製薬会社、ビール会社、化粧品会社が多いのに比べ、グルコサミン飲料は大手乳製品会社が目立ちました。ドリンク、顆 […]

「そっか!じゃぁ一度サプリでお試しセットでも使ってみるか?」と思いますよね。しかしちょっとまってくださいね。 これはあくまで も医療においてのグルコサミンは医薬品として使われているものです。 サプリメントとして使う場合は […]

グルコサミンの副作用に関してですが、そんなに大きな副作用はないと言われています。 というのも元々グルコサミンは私たちの体内にある成分なので副作用がでることはないということでしょうね。 さらに、妊娠中・授乳中の女性や手術後 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です