グルコサミン大辞典

グルコサミンについて徹底解説

グルコサミンはそれにより腰痛の緩和に効果があるですね。まず腰は上半身と下半身をつなぐ役目をしています。

上半身の重みを支え、曲げたり伸ばしたりする働きにより、上半身が自由に動けるように助けています。

その役目の腰椎(ようつい)は5個の「脊椎」から成っています。しかし年齢を重ねていくと、その「脊椎」をつないでいる椎間関節の軟骨が消耗して、その結果腰痛を引き起こすわけです。

そこでグルコサミンを摂取することにより、この軟骨生成と再生効能が腰痛を改善するというわけなんです。

グルコサミンはこのヘルニアの改善の効果があると言われています。

ただ、治療するほどの効能は立証されていません。治療となるとやはり医学分野での対応になります。

治療には、大きく分けて、手術をする治療と手術をしない治療があり、手術をしない治療なら、保存治療といい、安静治療・理学療法・投薬になります。

グルコサミンは軟骨成分のもとになるということで、ヘルニア症状の悪化や痛みの緩和にはなるかもしれませんが、根本的な治療はやはり整形外科などでしっかりとした指導と治療を受けた方がよいでしょう。

関節ケアの最強トリオ

コンドロイチンはムコ多糖類で、関節軟骨に栄養素と水分を運びそれを貯えます。

グルコサミン、msm、コンドロイチンは特に米国においては高齢者、アスリートをターゲットにした関節炎対応の決定版、といわれるほど広く普及しています。

それぞれに働きは違うのですが、関節内でのそのダブりのない役目により大変効率的な組み合わせとして、同時摂取がお勧めというわけなんです。

それぞれに効果が期待できる一日に摂取量の目安がありますから、成分配合量などをよく見て選びたいですね。

グルコサミンとヒアルロン酸はアンチエイジングの武器

グルコサミンとヒアルロン酸は、アンチエイジングの武器として欠かせない成分です。人は誰でも年をとっていきます。

そして年齢を重ねるとともに、例えばお肌のハリやそして関節の痛みなど、つまり老化による障害がでてきますね。

しかしそんなグルコサミンとヒアルロン酸はある年齢になるといきなり減少するという特徴があります。もうこれってゾッとしますね。

とはいえ減少するのは仕方ないので、ならば頑張って補充すればいいわけです。ただグルコサミンもヒアルロン酸も食品からの摂取は難しいのでサプリメントでの摂取がお勧めです。

タグ:

direct | 20160409born@excite.co.jp

Related Posts

グルコサミンはサプリなどの栄養補助食品と共に、飲料としても多く紹介され販売されています。 発売元はサプリメントが製薬会社、ビール会社、化粧品会社が多いのに比べ、グルコサミン飲料は大手乳製品会社が目立ちました。ドリンク、顆 […]

「そっか!じゃぁ一度サプリでお試しセットでも使ってみるか?」と思いますよね。しかしちょっとまってくださいね。 これはあくまで も医療においてのグルコサミンは医薬品として使われているものです。 サプリメントとして使う場合は […]

グルコサミンの副作用に関してですが、そんなに大きな副作用はないと言われています。 というのも元々グルコサミンは私たちの体内にある成分なので副作用がでることはないということでしょうね。 さらに、妊娠中・授乳中の女性や手術後 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です