グルコサミン大辞典

グルコサミンについて徹底解説

グルコサミンは代謝に欠かせない成分です。

アミノ酸は、体内でアミノ酸同士でたんぱく質を作るだけでなく、他の成分とも結びついて様々な働きをするものを作り出します。

例えばアミノ酸と糖が結びついたものがアミノ糖で、つまりこれがグルコサミンということです。

アミノ酸の親戚・・といった方がわかりやすいかもしれませんね。グルコサミンは軟骨の生成にはたらくアミノ酸ということですが、軟骨は65~80%が水分であとはコラーゲンとプロテオグリカンが主要な成分です。

グルコサミンはこのプロテオグリカンを作るのに不可欠なものなんです。

このようにアミノ酸は様々に絡みあって私たちの身体を作り上げそして正常に機能するように働く成分です

グルコサミンの粉末原料

グルコサミンの原料というところで、例えばサプリで考えてみたいと思います。

しかしサプリには他に様々な成分もはいっている事があります。

そんな中で純粋にグルコサミンだけがしっかり欲しいと思う人には、その粉末原料がパッケージされているものがあるということご存じですか?

これはサプリというより本当にグルコサミンを原料としてそのまま摂取するという感じですね。

グルコサミンはご存じのように加齢とともに減少傾向にある成分ですので、食品などで補うと共に、このような純度99%のグルコサミンの粉末原料で摂取するのもいいでしょう。

グルコサミンサプリの比較

グルコサミンは軟骨を生成し再生する効能がありますが、元を辿れば人間の体内に最初から存在する成分です。

しかし加齢と共に減少し、関節痛の原因になるということですから食品よりサプリでの摂取ががお勧めです。

しかしサプリもたくさん出回っていますから、どれをどう選べばいいのか迷いますね。

そこでそんなサプリにおいての比較点を考えてみましょう。まずはなんといってもグルコサミンの含有量での比較です。

グルコサミンの一日の必要量は1500mgと言われています。ですからそれを基準に多い少ないが比較できますね。

それから、一緒に入っている成分もチェ ック項目です。

あとは成分表示を見れば由来の材料が書かれていますから、アレルギーのある人はそのあたりもしっかりと見て選ぶといいでしょう。

またグルコサミンサプリ自体の飲みやすさや形状なども色々と比較してみるのもいいですね。

グルコサミンの吸収率

グルコサミンの吸収について考えてみましょう。いくら食品やサプリメントで摂取してもどれほどの吸収率で身体に入るのか知りたいものです。

1日あたり1,000~1,500mg辺りを目安にして、2~3回にわけて食前に飲むのが一般的です。

またグルコサミンは長期間摂取しても副作用などの有害性がないことが明らかになっていますし、腸管吸収率の高さからもコンドロイチンやヒアルロン酸に代わる極めて有用な成分と言えるのですね。

direct | 20160409born@excite.co.jp

Related Posts

グルコサミンはサプリなどの栄養補助食品と共に、飲料としても多く紹介され販売されています。 発売元はサプリメントが製薬会社、ビール会社、化粧品会社が多いのに比べ、グルコサミン飲料は大手乳製品会社が目立ちました。ドリンク、顆 […]

「そっか!じゃぁ一度サプリでお試しセットでも使ってみるか?」と思いますよね。しかしちょっとまってくださいね。 これはあくまで も医療においてのグルコサミンは医薬品として使われているものです。 サプリメントとして使う場合は […]

グルコサミンの副作用に関してですが、そんなに大きな副作用はないと言われています。 というのも元々グルコサミンは私たちの体内にある成分なので副作用がでることはないということでしょうね。 さらに、妊娠中・授乳中の女性や手術後 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です